メンズ

女性の薄毛悩みをすぐに解決【発毛応援のプロ】

植毛で改善する

育毛

植毛と言っても、自分の毛を移すものと、人工毛を植えるものとにわかれる。前者の場合、髪の全体量は増えない。ただ、頭頂部など薄毛が深刻化している部分に、後頭部などそれほど薄毛の問題が深刻化しない部分の毛を移植するだけだ。自分の毛を移植するわけだから違和感はないが、毛を採取するために簡単な手術をしなければならないし、前述のとおり、髪の全体的な量は増えない。一方、人工毛は髪の全体量を増やす植毛だ。人工毛ということは、本当の髪の毛ではないため、見た目の違和感が気になるところだが、最新の技術で作られた人工毛は、ほとんど天然毛と見分けがつかない。さらに言えば、熱にも強いし、当然劣化もしない。自然に抜け落ちたりもしないので(引っ張れば抜けてしまうが)、天然毛よりもむしろ良いかも知れない。ただ欠点、というか、仕方のない点ではあるが、成長もしない。そのため、天然毛と人工毛が合わさる部分では、こまめにカットしないと若干不自然になってしまう。また、極力拒否反応がでないような素材を使っているが、人によっては炎症を起こしたり、化膿してしまったりなど、問題になることがある。万人にお勧めできる方法というわけではないのが欠点だ。育毛をするにしても、植毛をするにしても、予め通院して、診断を受けてからのほうが良い。薄毛は病気ではないと思っている人も多いだろうが、AGAはれっきとした症状の一つで、病院で診てもらって治療方針を立てなければならないものだ。曖昧な結論になってしまったが、とにかく、育毛にするにしろ植毛にするにしろ、まずは専門の医療機関を利用しよう。